<< 町田JAZZMEN in 関西 Part9 | main | 町田JAZZMEN in 関西 Part11 >>

町田JAZZMEN in 関西 Part10

0
     Part10 「惨事にこそ落ち着くべき」 


    1月10日、午前10時。 

    さて本日はとうとう三重を去り、難波でのライブの為大阪へと向かう日です。 

    そして本日はいよいよ最後のゲストミュージシャンであるマンボウさん(Tp)と合流の日。彼と一緒に大阪でお昼を食べる為、ちょっと早めに起床したメンバー達。約束の時間を13時〜14時としていたので、今日は軽めの朝ごはん…の最中、事件は起こりました。 

    突然鳴る奥様の携帯電話。 
    そして次に発せられた奥様の言葉に、起きていた連中は度肝を抜かれました。 


    「はぁ?レフト(ライブハウスの名称)が火事!!!???」 


    ・・・マズい。ライブハウスには楽器が置いてある。マスターや店員さんの事も心配だ。とりあえず旦那さんと奥様、よーへーさん(B)、となりちゃん(Vo)、まこっちゃん(D)は着の身着のままで即座に現場へと向かう。 

    私は、とりあえず33sai(Pf)とアキラとで待機する事にしました。 
    まず最初に、どうして私が現場に行かなかったのか?これには理由があります。 

    ―――――――――――――――――――――――――――――― 
    1:全員で行っても「多分邪魔になるだけだ」と、とっさに判断した。 
    2:実は映像機材は、今全て私の手元(ハイエース車内)にある。 
    ―――――――――――――――――――――――――――――― 

    楽器はライブハウスに置いて来たのですが、実は映像機材に関しては、私は帰宅直前、車に全て積み込んで置いたのです。もちろん、火事という惨事を予測していた訳ではありません。私は、旅公演などでは昔から機材の管理には特に気を付けており、「常に目の届く場所に置いておく」という「クセ」がついていただけなのです。 

    ライブやクラブという現場で仕事をしている時は特に注意が必要で、機材に酒などがかかってしまったり、紛失しては困ります。そんな訳で、「ライブが終了したらすぐに梱包し、常に場所を把握できるようにしておく」という事を「ちゃんと」やっておいただけなのです。 

    火事という惨事なのに自分の事だけ気にかけてた訳ではありませんが、まぁそんな事情もあって私は現場へは行きませんでした。…そして、その後の話に戻ります。 


    「とりあえず落ち着こう、落ち着こう」そう言ってみた私。 
    「キースが全然落ち着いてないやん」 

    アキラでした。・・・むむ〜確かにそうだ。この小娘ぇ、痛い所を突きやがって… 

    アキラはホントに落ち着いて味噌汁を飲んでいた。 
    お前の神経の図太さにこの私が救われるとは…く、悔しい。 
    的確な突っ込みはハリー(アキラの親父&私の友人)の遺伝子か!? 


    ま、とりあえず座る私。一服したい所でしたが「火事」という単語を聞いたばかりだったので、不思議とタバコには手が出ませんでした。 

    という訳で、いつものクールアズアイス(ロマサガ3のネタ)に戻る私。「最悪の事態をまず最初に考え、先手を打つのが私」という訳で、味噌汁をすすりつつ、重要度が高い事から考えて見た。 


    「どんな事があっても、我々は「プロ」として夜の大阪ライブだけは絶対にやらねばならん」 

    映像機材は全て揃ってるので、楽器関連を33sai(Pf)と一緒に確認。となりちゃんはヴォーカル、とりあえず行けば何とかなる。まこっちゃんはドラマー。向こうにも最低限の設備はある。33saiはピアニスト、グランドピアノが現地にある。アキラもヴォーカルだから問題なし。つまり、必要なのは・・・ウッドベースである。 

    地元の事は地元民に聞け。 

    という訳で、本日合流予定のマンボウさんに電話をし、仮にウッドベースが燃えてしまった場合、代替品は本番までに手配できるかどうか?を確認した。彼はすぐさま「大丈夫だと思う」と答えてくれた(知人のベーシストから借りられるらしいとの事。今日来るお客だから彼自身のライブは今日はない)。 

    …とりあえず最悪の状況になっても大丈夫だという保証は確保できた。一息ついたところで現場組から電話。 

    「火事はボヤ。楽器も無事。マスター達は軽傷」 

    ・・・一安心である。マンボウさんに再度電話。 
    「集合時間は未定にしてくれ。こっちを出る時電話する」 


    やっとタバコに火を付けられました。 

    長くなりました、失礼。 



    続く。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM