<< 舞台「三人姉妹」観劇 | main | 2013年に「やりたくてもやれなかった事」 >>

舞台「まちがいつづき」観劇

0
    円・演劇研究所、36期専攻科の卒業公演「まちがいつづき」を観て来ました。
    この公演は一般公開ですが、いわゆる「俳優養成所」の公演であり、出演者は全てそこの研究生です。

    率直な感想「養成技術がスゴい!」

    さすがは「役者の為の劇団」です。わずか二年で役者はここまで成長するのか!…とホントに感じました。昨年末にとある小劇団の公演を下北沢・駅前劇場で観劇したのですが、そこに出演していた同世代(もしくはそれ以上)くらいの役者とレベルが変わらん。ビックリです。講師の技量の高さを改めて実感しました。

    で、公演内容の感想です。

    今回は卒業公演にも関わらず、演出家は若手の吉野。
    通常、円だけでなく養成所の卒業公演はその講師に当たるキャリアを持つ演出家が演出するのが基本なのですが、その慣例を覆した円の執行部の決断は素晴らしいと思います。タマにはそういう卒業公演があっても良いと思います。

    彼女が「演出助手」私は「映像プランナー」として幾つか仕事でご一緒していますが、良くも悪くも彼女の苦悩と性格がハッキリ分かる公演でした。でも本当に頑張ったんだなぁ…と思いつつ、また色々と勉強にもなったりしました。

    で、ハッキリ書くと、公演自体は彼女がまだ若手で未熟であるがゆえに、周囲のプランナーやスタッフに影響「されすぎている」という印象です。本来演劇は「役者」や「演出家」(もしくは劇作家)がメインになるべきであって、プランナーやスタッフは演出家の意図や思想を的確に、かつ具体的に表現するいわば「影の功労者」であるべきです。演劇の世界には「照明賞」とか「美術賞」みたいなのがありますが、個人的にアレは好きではありません。プランナーが優位になってはいけないのです。プランナーが好きな事をやりたきゃ演劇じゃない「どっか別の場所」でやって欲しい、と個人的には考えています(プランナーが演出家の犬になれって意味ではないです、年の為)。

    そんな訳で、何となく「技術に追い付いていない演出」という印象を受けました。キャリアや年齢に関係なく、吉野の意見を上手く引き出せるプランナーやスタッフを用意するべきだったのかもしれません。

    コレは映像の世界にも言える事なのですが、昨今の演劇や映像は「テクノロジー」を優先するあまり、芝居の基本である「役者の演技や演出」がおざなりになる傾向があります(まぁ音楽のライブもそうかな?)。芝居の基本レベルの高い演劇集団円であるのであれば、尚更基本を重視して公演を作って欲しいなぁと思うのです。演劇に映像を取り入れ、またそれを「本職」としている私が言うのはちょっと矛盾しているのかもしれませんが、そのように感じました。

    ちなみに私は稽古が始まる前、もの凄く演出家や他のプランナーと打ち合わせや議論をして軽くプランだけを作り、しばらくは準備や稽古を観るだけで基本は何もせず、可能な限り稽古終盤・本番直前のギリギリになってから映像をダッシュで制作します(先に作っちゃうと、役者が映像に「合わせる」という芝居の矛盾が発生してしまうので)。

    少し話がそれましたが、そんな感じです。

    尚、出演者が研究生なので「誰誰が良かった」とかそういうのは書きません。皆一生懸命頑張っていたと思います。冒頭にも書きましたが、卒業公演としてはとても素晴らしい演技だったと思います。私も色々と勉強になったのも事実です。

    ちなみに「まちがいつづき」はシェイクスピアさんの「間違いの喜劇」なのですが、コイツホントにオタクだなぁ…と思っちゃったりしました。まぁ300年以上前に死んじゃってるので文句は言えませんが、間違いの喜劇は事前情報がない初見ではちょっと分かり難い台本なのです(ちなみに私は初見でしたが、やっぱり最初は混乱した。一回しか観れない演劇なんだから、もうちょっと上手く構成して欲しかった)。

    長くなりましたが、とりあえずこんな感じです。

    吉野はホントに良く頑張ったと思いますが、ちょっとだけで良いので厨二病を脱出し、もうちょっと「幅広い観客」に向けた演出ができるようになると良いなぁ…と思います。

    上から目線でゴメンね。でも今後も頑張ってね、吉野!

    …何か全体的に吉野の感想になってしまいました。失礼しました。
    円の次回作を楽しみにしています。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM