<< 【ミニコラム】東京の大雪と都知事選挙の話 | main | 河野由佳という女優 >>

「有事」と「芸術」と「震災」の話

0

    という訳でもう3年ですね。

    芸術系の仕事に従事する人々は心が繊細な人が多く、皆様色んな思いのようですが…実は私はですね、当時も今も意外と「冷静」だったのです。


    というのも、私は「地震(が来るかもしれない)大国」である静岡出身なので、幼少の頃から地震とか津波とかの教育を嫌という程受けて育ったので、特に深く心が沈んだり、仕事に手がつかなかったりとかはあまりなかったのです(原発も浜岡近かったし、それなりに知識は持ってたし)。こうやって書くとちょっと不謹慎なのかもしれませんが、「とりあえず生きていれば何とかなるら」くらいにしか思っていなかったのです。
     

    芸術系の仕事は「有事」に弱い(有事の際に必要無い)一面を持っているので、当時、芸術系の仕事は激減しましたが、その他の一般系の仕事は普通にあったので、会社としてはそれなりに何とかなってました。
     

    さてそんな訳で現在ですが…世界的には「まもなく有事(結構大きめ)」って感じですね。今やってる仕事が落ち着いたら少し余裕ができるので、作家・演出家としても経営者としても、色々と今後の作戦を練ろうかと思っています。


    夜が明けたら現場です。初日です。
    お時間ある方は、ぜひぜひ銀座・博品館劇場まで。

    16日まで公演です。

    見上げたボーイズプロデュース 第11回公演 博品館劇場提携公演 
    ヒューマン・コメディ音楽劇「これから…。」
    http://www.miagetaboys.net/


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM