<< 48時間劇場 Part8 | main | 48時間劇場 Part10 最終回 >>

48時間劇場 Part9

0
    Part9
    いよいよ次回が最終回です。

    東海道線を岐阜方面に向かう事十数分。「尾張一宮」に到着です。

    ここで「面白いなぁ」と感じたのは、いわゆる「名古屋弁」でしょうか?
    西日本方面から移動して来ると、「だんだん」東京弁に近づいてくるのが実感できるのです。つまり「だんだん」理解できるようになってくるのです。面白いですね。
    (ま、日本語だから広島弁も理解は出来ますけど)

    ここ、一宮には「おやつ」を食べる為だけに来ました。友人が働いているうどん屋さんに、うどんを食べに来た、それだけの目的の為だけに来ました。

    はいそれだけです。なかなか直接会うことも出来ない友人ですから、顔を見に来た、と言う感じですかね?

    という訳で美味しくきつねうどんをいただき、一宮を後にします。
    もちろん、友人にも会うことが出来ました。楽しかったです。


    名古屋しかり一宮しかりですが、街を歩いていると、色々な事を肌で感じる事ができました。下関や広島駅を歩いた時には、ちょっとした寂しさを感じましたが、ここ名古屋近郊は、それでも景気がいいほうだと感じました。

    景気と言うのはホントに読んで字のごとく、「気分」でもあるのです。金銭的にもしかりですが、やっぱり「気分」というのは、人間が生きる上ではとても大切な事なんですね。当たり前の事ですが、やっぱり「直接」自分の目で確かめられて、ホントに良かったと思います。


    …そして、今回のツアーで最後に会う友人の下へと向かう為、名駅へ戻ります。

    この友人は、中高時代の同級生です。多分会うのは、約10年振りくらい。

    正直、「オトナ」になっている友人にビックリしました。別に、容姿や性格が変わっていた訳ではありません。ハッキリいえば、「ちゃんと」してたんですね〜。ま、お互い33歳ですから、当然といえば当然なんですけど。…私を除いては。

    別に書いても怒られないと思うので書きますが、私は「ケンタ」に会いました。高校時代、ずっと一緒に遊んでいた友人です。昔風にいう「マブダチ」。今風にいう「リア友」という奴です。

    ひつまぶしを奢ってもらいました。同級生なのに。
    その後、私の終電まで呑みました。手羽先も食いました。
    調子に乗って、同じくつるんでいた「フジタ」にまで電話をしました。14年ぶりくらいに。
    奴は結婚していた。ふざけんな!

    ま、この事は至って個人的な事なので、ここでは詳しく書きません。
    「楽しかった。会って良かった」それだけは記述しておきます。

    ケンタに別れを告げ、最終近くの「のぞみ」で名古屋を発ち、一路品川を目指します。
    やっぱり色々考えちゃったんで、10分くらいしか寝てませんけど。

    本当は、地元静岡に寄って地元の友人に会う事も計画したのですが、時間的に厳しいかな、という事で今回は諦めました。


    23時30分。品川到着。
    24時過ぎ。事務所到着。

    環状線「48時間勝手に弾丸ツアー」。終了!!!!!


    次回、最終回。総括です。
    大した期待もせずに待て!!!!

    続く。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM