<< 書いてるヒマがない。。。 | main | サーバー外コンテンツの話 >>

演劇集団「円」

0
    演劇集団円と仕事を始めて、今年で4年目になります。

    「まだ4年しか経ってないのか」そう感じる程、数多くの公演に映像作家として参加させてもらってます。本当に感謝しています。

    私はどこぞのアーティスト系の劇中映像作家とは違い「ば〜ん」と主張する劇中映像を好みません(そういうのは自社公演かライヴ業務でやってますので円でやる必要は無い)。円では本当に「円らしい」映像を考え、演出家やスタッフ、そして役者達と一生懸命プランを練って作っています。

    別に映像が目立たなくても構いませんし、仮に演出家が「ここに映像が欲しいんだけど」といった場合にも「いらないです」とアッサリ答えてしまいます。それくらい「芝居>映像」というスタンスで制作しているのです。

    円は、弊社のこのスタンスと相性が良かった劇団なのだと思います。

    しかし、贔屓目に見ても本当に素晴らしい劇団だと改めて思います。私も数多くの劇団やプロデュースユニットと仕事をしてきましたが、自分でもどうしてここまで必死に円の事を考えているんだろう?と疑問にさえ思ってしまう程に。

    よくWEBで「もっと評価されるべき」タグが付いてるコメントがありますが、まさにそんな感じですね。只単に役者の名前を言っても「ふ〜ん」くらいですが「あの役の人だよ」というと「ああっ!」といった感じ(声優仕事が多いのも一因かもですが)。

    とにかくまぁ、楽しいんですよ。

    実際の所、業務的にはかなり高レベルの技術とセンスを必要とする仕事ですので大変といえばかなり大変な部類に入る業務である円との仕事。ですが楽しいので、全然苦にはなりません。

    10月の紀伊國屋ホール本公演の稽古が、本日からスタートしました。演出は、平光琢也さんです。

    私を円の公演に映像作家として初めて呼んでくれた恩人でもあり、実に4年振りに一緒に芝居を作っています。


    楽しいですホント。…いや〜辛いですけど、ね。

    アーティスト系の映像作家に負けてられるかってんだ!
    私は、芝居を作る「業者アーティスト」です。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM